リフォームを効率的にするには

>

リフォームとは何か

バリアフリー化する時期

バリアフリー化のリフォームをする際に、最も重要な事柄は、その内容ではなく、バリアフリー化する「時期」にあります。
退職直後の高齢者の話を聞くと、「年を取った時の身体がどういう状態になっているかは、その時にならないとわからない。今からリフォームのことは考えられない。」というような趣旨の発言をよく耳にします。

それでは身体が不自由になってからバリアフリー化するのでしょうか。
確かに、昔は、車いす生活になってからスロープをつける、歩行が困難になったときに手すりをつけるといったことが当たり前でした。

しかし、「バリアフリー」の本当の目的は、不自由になる身体を未然に防ぐ、老いても怖くない環境を作るということではないでしょうか。
バリアフリー化のリフォームは、費用がかかる場合もありますが、手すりの設置や段差をなくすなど、比較的簡単なものもあります。

身体が元気な内に自宅のバリアフリー化を進めましょう。

バリアフリー化する場所

自宅を思い切ってバリアフリー化したという家でも、意外な場所に盲点があります。
それは、「玄関」です。

日本の文化では、基本的に、自宅には土足は脱いで入るため、外界と自宅との仕切りという意味も込めて、玄関には段差、ないしはそれに相応する障害を設置しています。
また、日本の建築基準法上、敷地と床高には45センチメートル以上の高低差を取ることが義務づけられています。

それ故、玄関で段差をなくすとなると、スロープの設置ということになります。
身体が不自由になった時の最大の苦労は、外界といかに接触を保つかにあります。
つまり、車いす生活でも杖をつく生活でも、誰の手も借りずに外に出られるということは、老いを遅らせるためにも重要なことです。

いくら、自宅内を完璧なバリアフリーにしても、玄関に障壁があるとリフォームが成功したとは言えません。

バリアフリー化のリフォームをするときは、まず玄関を最優先に取り組みましょう。